読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうすけろぐ

インプットしてきたことをアウトプットしていかなきゃいけないんじゃないの?

読書管理サービスを探してみて、「ブクログ」と「読書メーター」を両方登録してみた

昨年末私は、「2015年読んでよかった本 - とうすけろぐ」の記事を書こうと思ったとき、

「今年は何冊の本を読んだのだろうか?」

と思いました。

しかし、私はわかりませんでした。

私は、読書メモを作成したりもしているのですが、すべての本に対してではないので、把握することができませんでした。

そこで、今年は読んだ本を管理してくれるサービスに登録して、記録を残していこうと決めていました。

2016年も11日たってしまいましたが、本日やっと読書管理サービスに登録しました。

しかも、「ブクログ」と「読書メーター」の2つに登録してみました。

選定基準

まず、私が読書管理サービスを探した基準ですが、最低限、次の2つを満たしているサービスを探しました。

  1. 読んだ本とまだ読んでいない本を区別して登録できること

  2. スマホのアプリがあり、アプリから登録・変更・照会等が行えること

1.は、たぶん全ての読書管理サービスにある機能だと思うのですが、購入したけどまだ読んでいない本を把握したかったのです。
2.は、単純で、本を買ったり読んだりしたらその場で、いつでもどこでも登録・変更・照会をしたかったからです。

大した基準でもないのですが、最低限この2つを満たしているものを探しました。

ブクログと読書メーターを両方登録してみて

基準を満たすサービスは他にもあったのですが、とりあえず「ブクログ」と「読書メーター」の2つに登録してみました。

どうして2つに登録したかというと、登録しないで分かる情報は限られており、使い勝手などは使ってみないと分からない、かといって基準を満たすサービスをすべて試すわけにもいかないので、日ごろ目にする機会の多いサービス、上位2つにしました。

2つに登録してみた感想ですが、私には「読書メーター」が向いているかなと思いました。

どちらも私が求めている機能を満たす読書管理サービスだと思うのですが、読書メーターの方がシンプルです。 「ブクログ」は読書管理以外に、サービスに登録しているユーザーとの交流などにも力を入れている感じがします。
これは好みによると思いますが、私のように単純に読書記録をつけたいという方は「読書メーター」の方がいいのかなと思いますし、他のユーザーさんと交流したい方は「ブクログ」の方が楽しいのかなと思います。

ただ、まだ登録して1日もたっていないので、その程度の感想ということでご理解ください。

ブクログ

f:id:tosk:20160111204955p:plain http://booklog.jp/

読書メーター

f:id:tosk:20160111205018p:plain http://bookmeter.com/

他の読書管理サービス

他の読書管理サービスのリンクも貼っておきます。
これからサービスを探す人は参考にしてください。

読書ログ

www.dokusho-log.com

ブクレコ

www.bookreco.jp

bukupe

bukupe.com

最後に

まだ、どちらに絞るとは決めていません。しばらくどちらも使ってみて、使いやすい方にしたいと思います。

tosk.hatenablog.com