読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうすけろぐ

インプットしてきたことをアウトプットしていかなきゃいけないんじゃないの?

一番わかりやすいブスのほめ方

一番わかりやすいブスのほめ方

一番わかりやすいブスのほめ方

今日はちょっと変わった?面白い?本のご紹介です。

『ブスのほめ方』って、なんとも斬新なタイトルですね。


著者はブスをほめることの必要性を次のように述べています。

ブスにもよいところがあることを、まず、みなさんは肝に銘じてください。たとえば、ブスはグループのリーダー格だったり、美人の参謀的存在であることが多かったりします。そんな彼女たちを味方につけることができれば、仕事からプライベートまで、より充実した毎日が得られることでしょう。ブスとはさみは使いようなのです。(P2)


本書では、ブスと一口にいっても色々いるので、細分化して『自覚しすぎたブス』と『自称・ブス』についてほめ方が書かれています。

また、ブス以外にもほめ方に困るような人々、たとえば、意識高い系くん、B型くん、マザコンくん、貧乳ちゃん、などなど、30種類くらいのほめづらい人種に対してのほめ方も紹介されています。

それぞれ、ほめ文句(フレーズ)が紹介されており、その言い方・ポイントと注意点なんか解説されています。

感想

本書では、”自覚しすぎたブスを知る”や”意識高い系くんを知る”など、”○○を知る”という形で、それぞれの生態が紹介されているのですが、この部分を読むだけでも面白いです。”いるいる~”ってなります。
私の身の回りにも変わった人がたくさんいるので、本書で紹介されているほめ方を試してみようと思います。


本書、この本の続編だそうです。

正しいブスのほめ方

正しいブスのほめ方

こちらも面白そうです。