とうすけろぐ

インプットしてきたことをアウトプットしていかなきゃいけないんじゃないの?

作り置きおかずで過ごした一週間を振り返ってみる

こんばんは、とうすけです。

今週は、日曜日に作り置きおかずを作って平日を過ごしたので、この一週間(平日5日)を振り返ってみたいと思います。

tosk.hatenablog.com

※この一週間(平日5日)といっても、作り置きおかずを食べたのは夕飯だけです。

良かったこと

まずは、作り置きおかずを作ってみて、良かったことを書いてみます。

野菜をいつもより多くとれた

作り置きおかずは、鶏肉系2品・魚系1品と、野菜系を3品作ったのですが、魚系のおかずにもしめじを使ったので、夕飯だけで野菜は4種類もとることができました。

普段は、外食するとチャーハンのネギだけとか、牛丼の玉ねぎだけなんて日もあったので、普段より種類も量も多く野菜をとることができました。

鶏肉系には、ひじきも使ったので栄養のバランスもよかったと思います。

洗い物が減る

おかずは、レンジで温めるだけで調理する必要がなかったので、フライパンなどの調理器具を洗う必要がありませんでした。

また、温めるものと野菜系(そのまま食べるもの)をそれぞれ一皿ずつ使用したのですが、洗う食器は2皿ですみました。

ゆっくりご飯を食べれた

これは、小心者の私だけなのかもしれませんが、私は外食だと何だか落ち着かず早食いになってしまいます。

しかし、家だと落ち着いて食べることができるので(当たり前ですが。。。)、ゆっくり食べることができました。

食費が抑えられた

今回の作り置きおかずの材料費は、2,000円弱でした。

外食すると1,000円くらいは使ってしまうので、5日で5,000円と考えると、3,000円は抑えることができました。

余計なもの(お菓子など)を買わなくなった

これも、私だけかもしれませんが、外食するとそのあとまだ何か食べたくなってコンビニによってお菓子など余計なものを買ってしまいます。

この一週間は、コンビニに寄ることもなく、余計なものも買わず、食べず、お財布にも体にも良かったです。

良くなかったこと

つぎは、良くなかったことです。

飽きる

飽きます。。。

さすがに毎日同じメニューだと飽きました。

しかも、野菜系は4日しか日持ちしなかったので今日は品数も減ってしまいました。

良くなかったことは、これくらいしかありませんでした。

しかし、今週は、急な飲み会などがなかったので、おかずを食べきることができましたが、もし急な用事が入った場合におかずを捨てなければならなくなるなんてこともあると思います。

おわりに

今回おかずの保存は、ジップロックと野田琺瑯の保存容器を使ったのですが、野田琺瑯の保存容器がとてもよかったです。

私が一番良かったと思う点は、油がよく落ちたことです。

ジップロックは、食器用洗剤をたっぷりつけて洗っても、油のヌルヌル感がなかなか取れなかったのですが、野田琺瑯の容器はすぐにキュキュっとなりました。

野田琺瑯のホームページには次のように載っていました。

衛生的で新鮮さを損なわないことが保存容器の条件です。ガラス質の琺瑯容器は、金属イオンを受けないので、味を変えずまろやかに熟成させます。酸に強く、臭いもつきにくいため漬物にも最適です。
野田琺瑯株式会社より引用

少し高かったですが、作り置きおかずを今後も作っていこうと思うので、もう何個か買おうと思っています。

野田琺瑯のレシピ 琺瑯容器+冷蔵庫で、無駄なく、手早く、おいしく。

野田琺瑯のレシピ 琺瑯容器+冷蔵庫で、無駄なく、手早く、おいしく。

野田琺瑯 レクタングル浅型S ホワイトシリーズ WRA-S

野田琺瑯 レクタングル浅型S ホワイトシリーズ WRA-S

野田琺瑯 レクタングル深型M ホワイトシリーズ WRF-M

野田琺瑯 レクタングル深型M ホワイトシリーズ WRF-M

野田琺瑯 オールザベスト

野田琺瑯 オールザベスト