読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうすけろぐ

インプットしてきたことをアウトプットしていかなきゃいけないんじゃないの?

普段読まない週刊誌を読んでみました。

週刊ダイヤモンド 2016年 1/9 号 [雑誌] (営業大転職時代)

今日は、普段あまり読まない週刊誌を読みました。
電車に乗る前にホームの売店で購入したのですが、買ってみてびっくりしました。

何にびっくりしたかというと、値段です。

厚さが1センチにも満たない本が710円もしたからです。

雑誌(週刊誌)って意外と高いものなんですね。

しかし、ページ数を見てみたら110ページもあったので、私がよく読む単行本サイズのビジネス書が250ページくらいで1500円とすると、週刊誌はカラーですし、写真もたくさんなので、高いわけではないかもしれません。むしろ安いくらいなのかもしれません。

実際読んでみて、通勤時間(30分)では読み切れませんでした。ボリュームも結構ありました。

営業大転職時代

私が読んだ「週刊ダイヤモンド 2016年 1/9 号 [雑誌] (営業大転職時代)」ですが、今週号は営業大転職時代というキャッチコピーで、各業種別の営業について、表紙にも書かれている「食える営業・飢える営業」、転職の平均年齢や年収などが書かれていました。

興味深かったのは、今が転職活動が盛んな時期ということです。

1月は転職に向けて動きだす人が多い月。年末に賞与をもらい、4月入社を目指すからだ。(P30)

私は、てっきり春(4月)が転職が盛んな時期かと思っていました。春は年度が切り替わる時期なので、前年度いっぱいで退職して転職を考える人が多いと思い込んでいたのですが、読んでみてなるほどなと思いました。

最後に

普段読まない週刊誌を読んでみてですが、時事ネタなんかも載っていて、広く知識を得るためにいいのかなと思いました。
難点は、薄いわりにサイズが結構ある(A4)ので、電車で読むにはペラペラして読みずらかったです。

週刊ダイヤモンド 2016年 1/9 号 [雑誌] (営業大転職時代)

週刊ダイヤモンド 2016年 1/9 号 [雑誌] (営業大転職時代)